これならわかる!正しい住宅の選び方とは

カタログを使い保証や強みを知っておこう

家を作る時に重要になる部分は住宅メーカーの選び方と言えるでしょう。ここがしっかりしていると満足できる住宅を建築できる、金銭的な部分でのトラブルもないので安心です。
初心者の方がメーカーを選定する時は住宅の情報雑誌を見てみるのが良いといえます。数多くあるメーカーから選定するのは至難の業ですが、情報誌を診ておけばそれぞれのメーカーの強みを把握しやすいです。
安全な住宅を手に入れるためにはカタログを取り寄せて保証期間やアフターメンテナンスを見ておく必要もあります。メーカーによって対応できる部分に違いがあるため、不明な点があるのなら営業担当に聞くようにしましょう。またアフターメンテナンス専門の部門を設立しているメーカーなら安心です。

重視する部分でサービスを検討する

安定した品質を保っているサービスと言えば大手住宅メーカーです。規格化されている住宅を扱っているのでパーツの品質も高く、大工さんに依頼をするときも設計図通りに作ってくれるのがメリットとなっています。コマーシャルといった広告費が上乗せされているため、販売価格はやや高めと言えるでしょう。
工務店は地域に密着した物が多くお客さんの要望をある程度叶えてくれる注文住宅を作ってくれます。大手よりも融通が利くサービスですが、工務店によって腕前が変化するのが特徴です。あまり広告費をかけていないため大手よりも住宅の値段が安い部分がメリットと言えます。
総合的に家の値段が安いですが安定感はサービスにより変化するため、街の工務店を利用する時は情報収集が必須です。

分譲住宅は住宅メーカーの設計通りに数戸まとめて建てることで、人件費や材料費などのコストを下げられるため、同規模の注文住宅と比較して安く購入できるというメリットがあります。